クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、クリクリ笹木です。
本日1月26日は「文化財防火デー」なんですよ。
ご存知でしたか?

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
文化財から出火して、貴重な壁画が焼失したんですよね。

クリクリ笹木クリクリ笹木

その通りです。
約70年前の今日、法隆寺の金党から出火し
貴重な壁画などを焼失したことをきっかけに
文化財を火災や震災から守るため、制定されたそうですよ。

小田佳奈小田佳奈

文化財は大切にして、綺麗な状態で後世に残していきたいですね。
先日、お客様から「屋根の状態を最近見ていないので、一度見に来て頂けませんか?」
とご連絡を頂き、広島市安佐北区で劣化した屋根漆喰の修理診断を行いました。

拝見したところ、全体的に黒い汚れが付着していました。

また、ひび割れた所もありました。

屋根漆喰は、練部分の瓦同士を繋げる役割を果たしています。

隙間を埋めることによって雨風の侵入を防ぎ、瓦ズレを防いでいます。

 

漆喰は、屋根部材の中で1番劣化が早いと言われています。

劣化サインとしてよく見られるのが、今回の様な黒ずみです。

この黒ずみは、漆喰に発生する「カビ」や「コケ」が原因です。

カビやコケは1度生えてしまうと、漆喰の中に根を張ってしまい

漆喰の表面に付いた雨水を奥へと吸って、更に劣化が進み

どんどん繁殖していきます。

 

また、屋根から漆喰が剥がれ落ちたり、ひび割れが起きる症状もあります。

漆喰は、棟の土台である葺き土を守る役割も果たしています。

ひび割れていたり剥がれている場合は、葺き土が雨水を吸収し

晴れた日に乾燥するのを繰り返す事で、葺き土の劣化を早めてしまいます。

葺き土の変形が起きると、棟に積まれている瓦の並びが歪み

雨水の侵入も多くなってしまいます。

この悪循環が続くことによって、深刻な雨漏れが発生する恐れもあります。

 

瓦の耐用年数は約50年~100年と言われていますが、漆喰の耐用年数は約20年程度と短いです。

瓦を長く維持するため、10年に1度の漆喰塗替えが必要になります。

クリクリ笹木クリクリ笹木

屋根の状態は、専門の方に定期的に診断してもらい
屋根を長持ちさせましょう。

小田佳奈小田佳奈

笹木監督、ありがとうございます。
屋根・外壁でお困りなことがありましたら
弊社へご相談ください。