イケメン細川イケメン細川

こんにちは、イケメン細川です。
昨日から一気に寒くなり、広島県では山間部を中心に
雪が降り、積もっているようですね。
北広島町では、59センチの積雪が観測されたそうです。

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
数日前に収納した暖房器具を急いで出しました。
しかし、今週の日曜日には最高気温が20℃程との予報が出ています。
天気予報をしっかりとチェックして、
変動する気温に対応していきましょう。
今回は、広島市安佐北区でスレート屋根の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:スレート屋根塗装工事
築年数:25年前後

【工事前】

工事の様子

今回は写真のように、スレート屋根の塗膜が剥がれ

広い範囲で下地が露わになっていました。

スレート屋根とは、洋風住宅の普及と共に、シェアが拡大した屋根材で

現在では、最も多くの新築住宅に使用されています。

和風住宅で主に使用されている和瓦と比較し、軽量で施工性に優れています。

イケメン細川イケメン細川

しかし、表面の塗装を定期的に行わなければ、耐久性を保つ事が出来ません。
約10年に1度を目安に塗装をしましょう。

小田佳奈小田佳奈

今回は、スレート屋根塗装工事の
下準備の様子について詳しくお伝えします。

仮設足場・飛散防止ネット・周辺に養生をし、工事開始です。

まずは、高圧洗浄機を用いて屋根の洗浄を行います。

強い水圧を利用し、屋根に付着した古い塗膜や汚れを取り除きます。

屋根の塗装工事では、塗料だけでなく

このように水分も周辺に飛び散る可能性があります。

その為、工事前の足場や飛散防止ネットの設置はとても重要です。

 

高圧洗浄機で取り切れなかった汚れは、手作業で取り除きます。

専用のサンドペーパーやブラシ等で汚れを落とす作業を、ケレン掛けといい

この作業の具合によって、塗料の乗り方も変わってくる為

時間を掛けて丁寧に汚れを取り除いていきます。

 

洗浄を終えたら、下地の調整を行います。

屋根材にひび割れや欠けが生じている場合は補修を行い、

その後、タスペーサーを取り付けます。

スレート屋根は屋根材が重なるように設置されており、

重なった部分には隙間があります。

劣化した部分から屋根材の下に雨水が入り込んでも

この隙間から排出され、雨漏りを防ぐ事ができます。

上から塗装をする事で、この隙間を覆ってしまう為

塗装の前にタスペーサーによって隙間を確保します。

かつては、塗装後にカッターなどで塗膜を切る「縁切り」が主流でしたが

周辺の塗膜も傷つけてしまう可能性がある為、

近年ではタスペーサーによる処置が主流になっています。

この後、塗装をして仕上げていきますが

その様子は②で詳しくお伝えします。

イケメン細川イケメン細川

「塗装工事」と言っても、ただ塗料を塗るだけではなく
今回のように下準備も重要で、必須な工程です。
工程については、見積りを確認したり
工事前にしっかりと業者に確認をしましょう。

小田佳奈小田佳奈

細川所長、ありがとうございました。
スレート屋根だけでなく、瓦屋根や金属屋根など
屋根各種に対応しております。

お気軽にお問い合わせください。