修三レッド修三レッド

こんにちは、修三レッドです。
この時期、寒いイメージの北海道ですが、
自動販売機には、暖かい飲み物があまりないそうです。
なぜかご存知ですか?

小田佳奈小田佳奈

こんにちは、小田です。
この時期は暖かい飲み物を求めてしまいますが
寒い地域特有の何かあるのですか?

修三レッド修三レッド

暖かい飲み物の人気が無い訳ではないですが
外が寒い為、室温が常に25℃前後になっているそうです。
この気温は、北海道の夏の気温とほぼ変わらない為
暖かい飲み物より、冷たい飲み物を好む方が多いそうです。

小田佳奈小田佳奈

室温が夏の気温と同じぐらいだったら、
冷たい飲み物の方が多いのも納得ですね。
冷たい物と言えば、アイスクリームも人気がありそうですね。
先日、お客様から「屋根の白い部分が割れてるように見えるから一度見に来て頂けませんか?」
と依頼を頂き、広島市安佐北区で劣化した屋根漆喰の修理診断を行いまし。

拝見したところ、いくつか漆喰にひび割れが生じていました。

屋根漆喰は、瓦同士の隙間を埋める、接着剤ような役割があり

雨水や小動物の侵入を防ぎます。

また、漆喰下には「葺き土(ふきつち)」が敷いてあり、

この葺き土を雨から守る役割もあります。

 

屋根漆喰は、雨風や紫外線に日々晒されている箇所の為

瓦よりも劣化が早く、耐用年数は約20年と言われています。

劣化症状が進むと、今回のようにひび割れや剥がれが発生します。

また、剥がれている漆喰をそのまま放置してしまうと

棟瓦のズレや歪みにも繋がってしまいます。

ひび割れや剥がれの劣化では、漆喰補修工事を行う事で可能ですが

棟瓦のズレや歪みがある場合は、棟瓦の積み替え工事が必要になる為

工期が長くなり、費用も異なります。

 

屋根漆喰は、転落や施工不良の危険性がある為

DIYでの補修を行うのではなく、専門家に相談しましょう。

 

少し離れた場所から、お住まいの屋根を見た時に

漆喰の白い部分が黒く見えたり、瓦の上に白い物が落ちている場合は

劣化しているサインかもしれません。

修三レッド修三レッド

屋根漆喰は普段目にする事がない為
劣化に気が付きにくい箇所です。
10年に1度の定期的なメンテナンスを行いましょう。

小田佳奈小田佳奈

川本監督、ありがとうございました。
屋根・外壁でお困りな事がありましたら
弊社へご相談ください。