ハイボール竹本ハイボール竹本

こんにちは、ハイボール竹本です。
現在、JR広島駅では大規模な建て替えが行われていますが、
広場の完成イメージが公開されました。
天井には「折り鶴」を表現し、床は「6本の川」や「鯉」をイメージした
広島らしいデザインを取り入れているそうです。

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
自然採光を取り入れた、明るく開放的なデザインで
市電とJRの乗り換えが、スムーズに出来そうな造りですね。
完成が今からとても楽しみです。
今回は、廿日市市で外壁の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:外壁塗装工事
築年数:24年前後

【工事前】

工事の様子

以前、下地の洗浄や補修を行った外壁の塗装工事を行いました。

前回の様子はこちらです。

ハイボール竹本ハイボール竹本

汚れや色褪せがないように見える外壁でも、
新築時と比べると、月日の経過と共に劣化が進行しています。
塗装をする事で新築時の綺麗な状態に回復しますよ。

寺本園子寺本園子

今回は、外壁塗装の様子をお伝えします。

外壁塗装では、2種類の塗料で3度塗装を行う事が基本です。

1度の塗装だけでは、下地を保護する頑丈な塗膜が形成されません。

また、使用する塗料が1種類だけでは、

外壁塗装としての機能が十分に発揮されません。

しっかりと工程を踏まなければ施工不良に繋がる為

必ず工事の前に見積もりに目を通し、業者に確認をしましょう。

 

最初に行う塗装の工程を下塗りと言います。

塗料には「エコカチオンシーラー」を使用します。

外壁の下地は通常、アニオンというマイナス電荷を帯びている為

プラス電荷である「カチオン」の特性を持った塗料を使用する事で

磁石のプラスとマイナスが引き合うように結合し、安定した密着力を発揮します。

 

下塗り塗料が乾燥したら、中塗りを行います。

「アレスダイナミックトップ」を使用します。

強力な付着力で、塗膜の劣化要因である紫外線にも強い塗料です。

中塗りでは、下塗りとは別の仕上げの塗料を使用します。

写真から分かるように、どんどん白く色付いています。

 

最後に、上塗りを行います。

上塗りでは原則、中塗りと同じ塗料を使用します。

中塗りによって表面が平滑になっている為

しっかりと密着し、仕上がりも綺麗になります。

また、重ね塗りをする事で頑丈な塗膜を形成します。

 

今回は、破風や雨樋などの外壁周辺の塗装も行いました。

これらも外壁同様、塗膜によって下地が守られており

経年劣化が生じています。

補修の際には高所である為、足場の設置が必要になる為

外壁塗装と一緒に行うケースは多く、コスト削減にもなります。

隅々まで丁寧に塗って仕上げます。

ハイボール竹本ハイボール竹本

小さな傷みでも、どんどん劣化は拡がっていく為
定期的にお住まいの細かい所まで専門家に診断してもらいましょう。

寺本園子寺本園子

竹本所長、ありがとうございました。
お住まいの診断については、弊社へお任せください。