クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、笹木です。
砂漠など、乾燥した地域に多く生息するラクダは
背中のコブが特徴的ですよね。
そのコブの中には「脂肪」が詰まっているのです。
コブに蓄えた脂肪を、生きていく為に必要な
エネルギーに変える事ができるのです。

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
コブに重要な役割がある事で、砂漠などの厳しい環境下でも
生きていけるのですね。
今回は、東広島市で金属屋根の塗装工事をお伝えします。

工事情報

工事内容:金属屋根塗装工事
築年数:25年前後

【工事前】

工事の様子

金属屋根には、アルミ製やガルバリウム製など、種類は様々ですが

トタンやガルバリウム鋼板であれば塗装が必要です。

クリクリ笹木クリクリ笹木

素材によって、劣化スピードや塗装時期が異なります。
色褪せ・錆・塗膜の剥がれが見られたら、塗装を行いましょう。

山根夕佳山根夕佳

今回は、金属屋根の塗装工事の様子をお伝えします。

足場を組み、飛散防止ネットや養生をして工事開始です。

今回は、外壁塗装工事と同時に施工を行いました。

 

まず、ケレン掛けをします。

ケレン掛けとは、塗装を行う前の下地処理で、

専用のたわしやサンドペーパーを用いて、表面の錆や汚れを取り除く作業です。

また、表面に細かい傷をつける事で、塗料がより密着し

剥がれにくい塗膜を形成する事ができます。

 

次に、錆止め塗料を塗布します。

金属屋根は、劣化すると錆を生じてしまう為

錆止め塗料を塗布する事で、錆の発生や拡大を防ぎます。

 

最後に、メインとなる塗料を塗布します。

メインの塗料は「シリコン塗料」を使用し、中塗りと上塗りを行います。

中塗りと上塗りでは、同じ塗料が使用される事がほとんどです。

中塗りの塗装後、すぐに上塗りをするのではなく

各工程、定められた乾燥時間を置き、仕上げます。

 

金属屋根の施工で大切な事は、下地処理です。

下地処理を疎かにすると、すぐに塗膜が剥がれるなど

仕上がりに影響を及ぼします。

また、塗装の際に、屋根に傷を付けてしまうと、

そこに水が当たり、錆が発生しやすくなってしまいます。

どれだけ綺麗に塗装をしても、傷が1つあるだけで

劣化に繋がる為、丁寧に作業を行います。

クリクリ笹木クリクリ笹木

錆は、拡大すると穴が開いてしまい
雨漏りに繋がる恐れがあります。
定期的に屋根の状態を確認しましょう。

山根夕佳山根夕佳

ありがとうございました。
屋根は、高所で傾斜もある為
状態が気になる場合は、必ず専門家に依頼しましょう。
お住まいに関するお悩みは、弊社にご相談ください。