梅田グリーン梅田グリーン

こんにちは、梅田グリーンです。
今日から3月に入りましたね。
3月の異名と言えば「弥生」です。
「草木が生い茂り、月が短くなる」という意味があるそうですよ。

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
菜の花など花が咲き始めて、景色も色づき始めますよね。
後半になると、桜も咲き始めます。
去年断念したお花見に行きたいと思います。
今回は、広島市安佐北区でスレート屋根の塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:スレート屋根塗装工事
築年数:25年前後

【工事前】

工事の様子

前回、下地の洗浄などを行った屋根の塗装工事を行いました。

前回の記事はこちらです。

梅田グリーン梅田グリーン

前回までの工程を行った屋根は
一見して分かる程、塗膜が落ちて白っぽくなっています。
スレート屋根はセメントが主成分であり、防水性がありません。
頑丈な塗膜で表面を覆い、保護しなければ屋根として機能できません。

人総部T女史人総部T女史

今回は、スレート屋根塗装工事の様子をお伝えします。

 

塗装は段階を踏んで行います。

最初に行う工程を下塗りと言います。

下塗りとは、下地と仕上の塗料をくっつける為の工程です。

屋根だけでなく外壁塗装にも行い、主にシーラーフィーラーという種類の塗料を使用します。

シーラーには仕上げの塗料と下地の密着力を高め、

塗料の吸い込みの防止や、下地補強など

仕上げの塗膜の性能を十分に発揮させる効果があります。

一方フィラーには、下地の凹凸を平滑にする効果があります。

様々なメーカーから出ている多くの塗料の中から

素材や劣化に合うもの・機能が優れているものを選んで使用します。

浸透力が強く、内部から補強する効果のある

アレスダイナミックシーラーマイルド」を使用し、隅々まで丁寧に塗っていきます。

 

下塗り塗料が乾燥したら、次は中塗りを行います。

色褪せていた屋根の表面が、写真の様に緑色に色付いていきます。

屋根の塗料で多く使用されている従来のシリコン塗料よりも

耐久性が優れている「アレスダイナミックルーフ」を使用します。

下地や塗料の劣化要因とも言われている紫外線にも強い為、

紫外線の影響を直に受ける屋根に適した塗料です。

 

最後に仕上げの上塗りを行います。

上塗りでは中塗りに使用した塗料と同じものを使用します。

どんなに経験を積んだ職人でも、中塗りのみではムラが出来てしまいますし

塗膜が薄いので剥がれやすいなど、耐久性の低い仕上がりになります。

重ね塗りをする事で頑丈な塗膜になり

しっかりと色が付着するので、綺麗に仕上がります。

棟板金など細部も同じ色で塗装し、仕上げていきます。

  

梅田グリーン梅田グリーン

今回は緑色に塗り替えました。
モダンで洋風なイメージになりますし、比較的に外壁の色が選びやすいなど
様々なメリットがあります。
外壁に合う色や好きな色を選択し
満足のいくリフォームにしましょう。

人総部T女史人総部T女史

梅田監督、ありがとうございました。
スレート屋根だけでなく、瓦屋根や金属屋根など屋根各種に対応しております。
お気軽にお問い合わせください。