山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

こんにちは、山崎です。
テニスの見どころの1つと言えば「サーブ」で、
相手が返球できない好サーブを「サービスエース」といいます。
何故「サービス」というかご存知ですか?
テニスは、元々貴族など上流社会でのスポーツで
スタートの際に召使いがボールを投げ入れていたことから
「サービス(奉仕)」という名前が付いたそうです。

人総部T女史人総部T女史

こんんちは、Tです。
「サービス」が「奉仕」からきているなんて意外でした。
物の名前には、驚きの由来があったりしますよね。
今回は、広島市中区で波板の貼り替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:波板貼り替え工事
築年数:30年前後

【工事前】

工事の様子

今回は写真の様に、波板が色褪せ、浮いている箇所や割れて無くなっている箇所もありました。

波板は名前の通り、波のようにうねっており、屋根などに使われる建材です。

波板には、塩ビ波板ガラスネット・ガルバ二ウム波板・トタン波板・ポリカ―ボネート波板など

様々な種類があり、原料がそれぞれ異なる為

価格や耐久性、適した使用箇所なども異なります。

中でも近年では、耐久性に優れ劣化が少ない

ポリカ―ボネート波板が最も多く使用されています。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

ポリカ―ボネート波板は塩ビやガラスネットの欠点を補い
耐用年数も10年以上と長く、物置や車庫など幅広い場所で使用されています。
しかし、どんなに丈夫な波板でも変色やひび割れといった劣化は起こります。
10年以上経っている波板は、一度専門家に見てもらいましょう。

人総部T女史人総部T女史

今回は、波板貼り替え工事の様子をお伝えします。

 

養生を施し、工事開始です。

まず、劣化した既存の波板を撤去します。

鉄柱の表面は、錆びなどで脆くなっていた為

錆び止め塗料やシリコン塗料を塗布するなどの補修を行い、耐久性を向上させます。

鉄柱の補修を終えたら、新しい波板を取り付けていきます。

耐衝撃性と耐久性・透明度に優れたポリカ―ボネート波板を使用します。

この素材はカメラレンズやパーテーション、

車のヘッドランプなどにも使用されており、紫外線に強い上に

-40℃から125℃までの温度に耐えられる為、屋外利用に最適な素材です。

波板の端の部分を少し重ね合わせ、専用ビスで固定していきます。

等間隔にビスを固定し波板を全体に設置したら工事完了です。

山崎春のパンまつり山崎春のパンまつり

波板を取り替えられる際には
使用箇所の環境や用途にはどの波板が適しているかなど
専門家に相談をし、満足のいく空間にしましょう。

人総部T女史人総部T女史

山崎部長、ありがとうございました。
外構やお住まいに関する事は、些細な事でも
弊社へお気軽にご連絡ください。