もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

こんにちは、藤崎です。
本日3月3日は「耳の日」らしいですよ。
ご存知でしたか?

人総部T女史人総部T女史

こんにちは、Tです。
3の数字が耳の形に似ている事から
付けられたのですか?

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

形や語呂合わせが由来だとも言われています。
昭和31年に、耳鼻咽喉科学会の提案により制定されたそうです。
難聴や言語障害を持つ方の悩みを解決したいと、
社会福祉会への願いが込められているそうですよ。

人総部T女史人総部T女史

耳の日にはそのような思いが込められていたのですね。
体が不自由な方にとっても住みやすい世の中になると良いですね。
先日、お客様から「波板の色が変色し、割れてる所もあるので一度見に来て頂けませんか?」
とご連絡を頂き、広島市安佐北区で歪んだ波板の修理診断を行いました。

拝見したところ、色褪せや歪みが生じ、破損している箇所がありました。

また、波板が反っている箇所もありました。

今回使用されている波板は「塩化ビニール」という種類です。

安価で手に入りやすく、柔軟性があり加工しやすいといったメリットから

とても多くの場所で使用されています。

しかし、耐久性が高くないので、劣化しやすく

長期の利用には向いていないなどのデメリットもあります。

 

塩化ビニール製波板は、紫外線に弱く

約3~5年程で劣化症状が起こり始めます。

年数の経過とともに波板の素材が変質し、水分がなくなってしまうと

硬化が始まり、割れやすくなってしまいます。

今回の様に茶色く歪んでいる波板は、台風や突風が起きた時に

飛散する恐れがあります。

また、紫外線や雨風を受けデコボコしている波板も、

固定しているフックを持ち上げているので

強風時には波板が飛ばされてしまう恐れもあります。

 

近年では、塩化ビニール製波板よりも強度のある

ポリカーボネート」波板が最も多く利用されています。

紫外線をカットし、耐衝撃性・耐候性に優れ

高い透過性があり、太陽光を取り込むことができます。

また、安価で波板の寿命も約10年と長い事も、人気である理由です。

 

波板の色褪せなどが見られた場合は

そのままにするのではなく、専門の方に相談しましょう。

もっと美味しく食文化藤崎もっと美味しく食文化藤崎

波板の劣化は屋根材と違い、分かりやすい為
飛散などを防ぐ為にも早めに対処しましょう。

人総部T女史人総部T女史

藤崎部長、ありがとうございました。
波板・屋根・壁で気になる所などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。