大高下イエロー大高下イエロー

こんにちは、大高下です。
本日3月5日は「珊瑚の日」なんですよ。
ご存知ですか?

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
珊瑚と聞くと綺麗な海が思い浮かびます。
何か由来があるのですか?

大高下イエロー大高下イエロー

世界自然保護基金が平成8年に制定したそうです。
「さん(3)ご(5)」の語呂合わせと珊瑚(コーラル)が
3月の誕生石である事が由来だそうです。

寺本園子寺本園子

今はステイホームの日々ですが、安心して外出できる
日が来たら、珊瑚の綺麗な海に行きたいですね。
先日、お客様から
「床下の状態を当分診断してもらっていないので、一度見に来て頂けませんか?」
とご連絡を頂き、広島市安佐北区でカビが発生した床下の修理診断を行いました。

拝見したところ、床下の広い範囲で白いカビが発生していました。

床下は、1階の床下部分と地面との空間の事を言います。

昔の家は床下が高く、風通しもよかったため、

高温多湿な日本に合った造りになっていました。

 

床下は、地面からの水蒸気発散や換気・風通しの役割をしています。

近年では、快適に生活できるよう、高気密・高断熱な造りになっており

風通しが悪く、湿気がこもりやすい為

今回の様にカビが発生しやすくなっています。

カビは「水分・湿度・酸素・栄養素」の4つが揃うと発生すると言われています。

カビの発生は、木材の腐食の始まりになり

腐った木材と湿気を好む、シロアリの発生に繋がります。

何でも食べてしまうシロアリが発生してしまうと、

建物自体の耐久性が低くなり

最悪の場合、建物が倒壊する恐れもあります。

 

また、そのままカビを放置してしまうと大量に繁殖し、

床下のカビが室内に侵入してきた場合は「シックハウス症候群」と呼ばれる

カビが原因の体調不良を引き起こす可能性もあります。

 

キッチン・浴室等の水廻りは、特に湿気が溜まりやすい箇所である為

注意が必要になります。

床下に発生してしまったカビは、想像以上の危険をもたらします。

最近いつ床下を見てもらったかな?

我が家は大丈夫かな?と心配に思われる場合は

専門の方に相談して、床下を診てもらいましょう。

大高下イエロー大高下イエロー

床下はご自身で確認するのは難しい箇所です。
定期的なメンテナンスを行い、お家の健康を守りましょう。

寺本園子寺本園子

大高下所長、ありがとうございました。
床下やお住まいの事でお困りの事がございましたら、
弊社へご相談ください。