植松綾乃植松綾乃

こんにちは、植松です。
「お払い箱」とは不用になったものを捨てることを意味しますが、
元々「お祓い箱」と書き、伊勢神宮で信者に配られるお祓いの札を
入れておく箱を指していたそうですよ。
「お祓いを受けたとてもありがたい箱」でしたが、
中の札は毎年新しい札に取り替えられるため、
古い箱が不用な物になってしまったことから
「お祓い」と「お払い」をもじって現在の「お払い箱」となったそうです。

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
「お払い箱」という言葉にはそんな由来があったんですね。
日常よく使われている言葉でも、調べてみると
意外な由来が分かって面白いかもしれませんね。
今回は、広島市佐伯区で木部塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:木部塗装工事
築年数:25年前後

【工事前】

工事の様子

今回のお住まいでは、軒天や玄関周辺の外壁等

木部が全体的に色褪せており、汚れやシミも付着していました。

お住まいには、たくさんの木材が使用されていますが

特に屋外の木材は直射日光や雨風の影響を受け、

どんどん色が抜けて変色していきます。

色褪せた木材は弱く、表面の繊維も荒くなり劣化を加速させてしまいます。

植松綾乃植松綾乃

木材は呼吸をしながら膨張・伸縮を繰り返し、湿度を調整している為
少しずつ塗膜が剥がれひび割れていきます。
木材が色褪せしてきたら劣化のサインです。
早めに対処しましょう。

寺本園子寺本園子

今回は、木部塗装工事の様子をお伝えします。

 

仮設足場や養生シートを設置し、工事開始です。

最初に高圧洗浄機の強い水圧を利用して

表面に付着した汚れや埃のほか、古くなった塗膜も取り除きます。

高圧洗浄機では落としきれなかった汚れなどは

たわしなどを使用し、しっかり取り除く事が大切です。

この作業をケレン掛けといい、

塗装を行う際、下地と新しい塗膜を強く密着させる為に

必ず行わなければならない作業です。

隅々まで汚れを取り除いたら、塗装を行います。

「シリコン塗料」を使用し仕上げていきます。

シリコン塗料は熱や紫外線に強く、水分を通しにくいので

湿気や雨水から建物を保護してくれます。

重ね塗りを行う事で光沢とツヤのある仕上がりになります。

植松綾乃植松綾乃

木材は生き物です。
紫外線などの影響を受けやすく、とてもデリケートなので
お住まいの耐久性を長持ちさせる為に、
建物の症状にあった工法と塗料で補修する事が大切です。
定期的なメンテナンスを心掛けましょう

寺本園子寺本園子

植松さん、ありがとうございまいた。
外壁や屋根などのメンテナンスは、弊社へお気軽にご連絡下さい。