阿部でございます阿部でございます

こんにちは、阿部でございます。
最近は暖かくなってきましたね。
花粉症などのお悩みは無いですか?

瀧本紗也香瀧本紗也香

こんにちは、瀧本です。
花粉症の方には厳しい時期になりましたね。
私も花粉症なので、この時期はとても辛いです。

阿部でございます阿部でございます

花粉症の緩和には、乳製品がいいと言われていますが
その他に、チョコレートも効果があるそうですよ。
チョコレートに含まれているカカオポリフェノールに
花粉症状を緩和する作用があるそうです。

瀧本紗也香瀧本紗也香

乳製品は聞いたことがありましたが、
チョコレートにも同じような作用があったとは、驚きです。
おやつタイムに、チョコレートを食べるのもいいですね。
先日、お客様から「屋根の漆喰部分が黒くなっているので、一度見に来て頂けませんか?」
とご連絡を頂き、広島市佐伯区で汚れた屋根漆喰の修理診断を行いました。

拝見したところ、漆喰に黒い汚れが付着していました。

また、ひび割れて剥がれかけている所もありました。

漆喰」は主に、瓦同士の隙間を埋めるといった、

まるで接着剤の様な働きをしています。

また、雨や小動物の侵入から建物を守っています。

 

屋根漆喰の耐用年数は約20年程と言われています。

今回の様な黒い汚れは、カビやコケが原因と考えられます。

雨が降った時に雨水を吸収する性質がある為、

吸収しすぎてしまうと、カビやコケが繁殖していきます。

また、ひび割れや剥がれが発生している場合、

漆喰の内部にある「葺き土」という基礎の部分が

雨が降る度に脆くなり、流出してしまう恐れがあります。

葺き土の流出は、屋根全体の寿命を短くしてしまいます。

また、棟には瓦が積み上げられてある場合が多いですが

漆喰の劣化により、瓦のズレや歪みが起こりやすくなります。

 

この様な症状をそのまま放置してしまうと、雨漏れに繋がります。

瓦の裏側には「防水シート」が設置されていますが、

雨水の侵入が継続的に続いた場合、防水シートも劣化し、機能を果たせなくなります。

雨漏れが発生すると、工期も長くなり費用もかさんでしまうので

屋根の劣化は軽症な内に修理をする事が大切です。

 

阿部でございます阿部でございます

少し離れた場所から屋根を眺めてみて下さい。
漆喰部分が黒く見える場合は劣化サインの場合があるので、
まずは専門の方に相談しましょう。

瀧本紗也香瀧本紗也香

阿部さん、ありがとうございました。
屋根・外壁でお困りな事がありましたら
弊社へご相談ください。