植松綾乃植松綾乃

こんにちは、植松です。
今年は早く春が来ましたが、
4月も例年以上に暖かい日が続くそうです。
桜以外にも明るい色の花が
あちこちで咲き始めましたね。

山根夕佳山根夕佳

こんにちは、山根です。
色とりどりの花が咲き始めると、心も華やぎますよね。
今年は半袖の出番も早いかもしれませんね。
今回は、大竹市でリノベーション工事を行いました。

工事情報

工事内容:リノベーション工事
築年数:35年前後

【工事前】

工事の様子

前回まで、内装のクロス貼りや外構工事を行ったリノベーション工事の

フロア貼りなど、仕上げの様子をお伝えします。

前回の内装の記事はこちらです。

植松綾乃植松綾乃

数か月に及んだリノベーション工事が完成を迎えました。
どの様な空間になったか楽しみですね。

山根夕佳山根夕佳

今回は、リノベーション工事の
仕上げや完成後の様子をお伝えします。

 

内装の仕上げを進めていきます。

壁や天井のクロスを貼り終えたら、床板の上からフロア材を貼り付けます。

専用の接着剤を使用し、隙間や段差などが生じない様に

丁寧に貼り合わせていきます。

各部屋、隅々まで貼り終えて仕上げていきます。

今回は、フロア材を敷いた洋室だけでなく

お客様からのご要望で和室も設けました。

現代では洋風住宅が主流となっていますが、

畳はフロア材と比較し、転んでも痛くなりにくく、

い草によるリラックス効果も得られる事から

くつろぎのスペースとして、不動の人気があります。

以上でリノベーション工事完了です。

リビング周辺だけでも、雰囲気だけでなく間取りも変更した為

かなり印象が変わりましたね。

 

ここからは、これまでにお伝え出来なかった

水廻りが生まれ変わった様子をお伝えします。

まずは、キッチンです。

リノベーション前はクローズ型キッチンでした。

壁付けになる事で、スペースを有効利用できるといったメリットがあります。

一方、横に広い為、動線が悪くなりやすく

リビングやダイニングからキッチンに置いている物が

丸見えになってしまうというデメリットもあります。

今回は、対面型キッチンに生まれ変わりました。

リビングに対面して作業が出来るので、家族や来客者と

会話を楽しんだり、テレビを見ながらなど

何かを楽しみながら料理や片付けが出来る事で人気があります。

今回は、シンクや収納扉も白色で統一されたキッチンを設置しました。

開放感のある空間になっていますね。

 

そして、トイレの様子です。

リノベーション前は床や壁がタイル貼りであり、

便器も取り付けてから年数が経っている状態でした。

水廻りで内装にタイルが使用されているケースは多く

水捌けや耐久性に優れているというメリットがあります。

しかし、外気の影響を受けやすく、冬は肌触りが冷たく

気温も寒くなりやすいので、ヒートショックが起きやすいというデメリットもあります。

今回は、フロア材やクロスで施工しました。

便器の後ろの壁のクロスは、お客様のご要望から

爽やかな花柄のクロスを使用しました。

アクセントにもなりますし、快適でおしゃれな空間になりますね。

また、近年主流となっているタンクレスタイプのトイレを設置しました。

省スペースであり、掃除もしやすくなりますよ。

 

植松綾乃植松綾乃

リノベーションによって、住み心地が大きく変わりますし、
お住まいを支えている躯体なども補修や交換によって健康な状態になります。
物件探しや新築を検討されている方も
一度、リノベーションについても視野に入れてみてはいかがでしょうか。

山根夕佳山根夕佳

植松さん、ありがとうございました。
リノベーション工事について気になる所などございましたら
弊社へお気軽にご連絡ください。