クリクリ笹木クリクリ笹木

こんにちは、クリクリ笹木です。
広島県内各地で20℃を上回る
季節先取りの暖かさが続いていますね。
先月は、過去140年の中でも群を抜く暖かさだったそうです。
この先の長期の予報によると、記録的な暖かさは落ち着くものの
4月の気温も平均より高くなる見込みだそうです。

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
ぽかぽか陽気の中で桜を見ると、お花見をしたくなりますね。
朝晩は少し冷え込む為、体調管理をしっかり行いましょう。
今回は、広島市安佐南区でクロスの貼り替え工事を行いました。

工事情報

工事内容:クロス貼り替え工事
築年数:20年前後

【工事前】

工事の様子

今回のお住まいでは、クロスに黄ばみが見られ

剥がれている箇所もありました。

クリクリ笹木クリクリ笹木

クロスは耐水性が低い為、水が付着してしまうと
下地のボードが腐食し、カビが発生する事もあります。
また、湿気により徐々に剥がれが生じてしまいます。

寺本園子寺本園子

今回は、クロスの貼り替え工事の様子をお伝えします。

 

養生をし、工事開始です。

まずは、既存のクロスを剥がしていきます。

下地はそのまま使用する為、傷を付けないよう

ゆっくりと丁寧に表面のクロスを剥がします。

 

クロスを剥がしたら、パテ処理を行います。

パテ処理とは、下地処理の事を指します。

パテとは、柔らかい紙粘土のような材質で

下地に傷が付いた部分や段差に塗布していきます。

これは、下地を平滑にする為に行う作業です。

パテ処理を怠ると、クロスを貼った後

凹凸が目立ったりと仕上がりにも影響を及ぼします。

上質な仕上がりにする為には、パテ処理が必須です。

 

最後に、クロスを貼っていきます。

シワができないよう、空気を抜きながらクロスを貼り付けていきます。

余った部分はカットし、端までしっかりと貼り付けて仕上げていきます。

 

お住まいの環境や普段のお手入れによって

クロスの耐用年数は異なりますが

永久に綺麗な状態を保てる訳ではありません。

黄ばみ・剥がれ・傷など劣化が見られた時や、

お部屋の雰囲気をガラリと変えたい時などが

クロスの貼り替えるタイミングです。

クリクリ笹木クリクリ笹木

現在では室内用塗料の「アレスシックイ」が注目されています。
既存のクロスの上から塗装する事ができ、抗菌・抗ウイルス効果で
インフルエンザなどのウイルスや細菌を制御します。
その為、病院や幼稚園など多くの施設で採用されています。
また、消臭や結露防止にも優れた機能があります。

寺本園子寺本園子

笹木監督、ありがとうございました。
内装は、クロスの貼り替えや塗装など
様々な施工方法があります。
理想的な仕上げになるような施工を選択しましょう。
クロスの状態を確認し、気になる点がありましたら
弊社にご相談ください。