梅田グリーン梅田グリーン

こんにちは、梅田グリーンです。
美容師が使用しているハサミは、普通のハサミと違い
枝毛を防止する為に刃の部分が5㎜ほど凹んでいるそうです。
一度でも落としてしまうと
その部分を中心にズレが生じてしまい、
僅かなズレでも切れ味が悪くなるため
職人の調整が必要になるんだそうです。

寺本園子寺本園子

こんにちは、寺本です。
少しズレるだけでも切れなくなるなんて、ものすごく繊細なんですね。
だから美容院でカットしてもらった髪は綺麗なんですね。
今回は、広島市佐伯区で破風塗装工事を行いました。

工事情報

工事内容:破風塗装工事
築年数:30年前後

【工事前】

工事の様子

今回は、破風板全体の塗装が剥がれ、白っぽく色褪せていました。

屋根の「破風(はふ)」とはどの部分か

ご存知でない方も多いのではないでしょうか?

破風とは、屋根の側面についている板の事であり、

特に雨樋がついていない面を指します。

「風を破る板」という読み通り、屋根瓦や屋根の内部へ

風が吹き込む事を防いだり、

屋根を強風で飛びにくくする・雨水の侵入を防ぐ・屋根を美しく見せる

といった役割があります。

梅田グリーン梅田グリーン

日々、紫外線や雨風の影響を受けやすい箇所である為、
時間の経過と共に劣化していきます。
色褪せや剥がれは劣化のサインです。
重症化する前に専門家に相談しましょう。

寺本園子寺本園子

今回は、破風塗装工事の様子をお伝えします。

 

破風は高い場所にある為、脚立足場を設置し、

シートで養生を行い工事開始です。

まず、ケレン掛けという下地の処理を行います。

ペーパーやたわしなどを使用し、破風に付着した埃や汚れ、

古くなった塗膜を手作業で落としていきます。

ケレン掛けをしっかりと行なう事で、下地と新しい塗膜の密着力が向上します。

仕上がりの美しさに左右する大切な工程です。

 

破風の下地に、ひび割れなどの劣化が見られたら補修を行い、

シリコン塗料」を塗布していきます。

シリコン塗料には、汚れや雨を弾く性質があります。

また、耐熱性・耐水性に優れ、

湿気による内部の結露やカビを防ぐ効果もあります。

重ね塗りを行う事で光沢感のある仕上がりになり、

紫外線からしっかりと保護する、頑丈な塗膜が出来ます。

塗り残しや塗りムラがないよう、隅々まで綺麗に塗ったら工事完了です。

梅田グリーン梅田グリーン

破風板の劣化を、そのままの状態で放置してしまうと
雨水が屋根の内部に侵入し、雨漏りの原因に繋がります。
雨漏りは建物内部で起こる為、気付かないうちに腐食が進行し
お住まい自体のダメージにも繋がってしまいます。
定期的なメンテナンスを心掛け、安心して暮らせるお住まいにしましょう。

寺本園子寺本園子

梅田監督、ありがとうございました。
お住まいの事なら、なんでも弊社へお気軽にご連絡ください。