「家を建てて15年目だけど、外壁って塗装したほうがいいの・・・?」

「最近、壁の汚れが気になる。色褪せも目立つし、ひび割れもあるし、これって寿命?」

「業者に言われるがままに契約をして、わずか数年で剥がれてきた。本当に最悪・・・」

外壁塗装が劣化して、住宅の内部に水がまわると、いろいろ考えてしまいますよね・・・。

小田佳奈小田佳奈

こんにちは。 正光技建の小田です。

今回取り上げるテーマは「外壁塗装」です。  
私の実家は今年で築31年です。来年には外壁塗装を行う予定です。
すでに外壁塗装を行った諸先輩方の話を聞くと、


「工事費用が予想以上に高かった・・・」とか
「塗装が3年で剥がれてきた・・・」など


外壁塗装ってそんなに大変なんだ・・・!と怖くなります。
  私の先輩のMさん(35歳・男性)は新築から11年目に外壁塗装工事を依頼したら
業者の手抜きが発覚し施工会社に施工ミスを問い合わせたところ、追加料金を要求されたそうです。
後日、別の業者に外壁の色を塗り替えてもらったそうですが、
打合せで指定した色と、実際に塗装した色が違っていて、いまだに後悔しているそうです。

そんなふうになりたくない!!

そこで今回は、外壁塗装工事を無事に行うためのノウハウを
外壁塗装に詳しい方をお呼びして聞いてみました。 
工事をする際のチェックポイントやおススメの塗料も紹介しますので
ぜひ最後までチェックしてくださいね。

小田佳奈小田佳奈

というわけで、今回アドバイスしてくださるのは、竹本所長です。
竹本所長、よろしくお願いします!


ハイボール竹本ハイボール竹本

ハイボールを心から愛する竹本です。
キンキンに冷えたグラスで飲むハイボールはコクがぐっと深まって美味しいですよね。
弊社は、今まで5,000棟以上の工事実績があります。 色んな住宅を見てきた経験がお役に立てれば嬉しいです。


小田佳奈小田佳奈

ありがとうございます。すごく頼りにしています。
早速なんですが、私がずっと気になっている質問をしてもいいですか?
「外壁塗装工事」って、リフォーム業者や工務店による違いとかあるんですか?
最近は、激安チラシで告知しているリフォーム業者があったり、
オリジナル塗料を使用している業者があったり、情報が多すぎて混乱してしまいます。


ハイボール竹本ハイボール竹本

業者選びはとても重要です。
会社ごとに、標準仕様も違えば「こだわり」が違うので、専門家でも比較は難しいんです。
よくインターネットで「相見積もり」を依頼して金額を比較しても、
内容が異なっているので、 比較にすらなっていないのが現実です。
なので、もし私が業者を選ぶとしたら先ずは、業者の「人柄」を見ます。
しかし、人柄は施工期間中だったり、その場限りになる事もあるので
最も重要視するポイントは、「品質性能」の部分だと思います。
リフォームは高い買い物なので、慎重に進める必要があると思います。


小田佳奈小田佳奈

確かにそうですね・・・。 どんなに接客態度が良くても、
肝心の施工レベルが未熟だと、 二度と施工依頼なんてしませんよね。
人柄は良くて当たり前で、技術や提案力等のバランスが安心感につながるんですね。


ハイボール竹本ハイボール竹本

そうですね。 リフォーム工事は、
新築工事よりも難しい工事になるケースが殆どです。
新築は出来るけどリフォームは出来ないという業者は多いですが、その逆はいないですよね。
リフォームの現場では豊富な経験や応用力がモノをいいます。
業者選びの段階で、成功か失敗かは、ほぼ決まっていると言っても過言ではありません。


小田佳奈小田佳奈

ありがとうございました。

ここからは、外壁塗装を依頼する前に知っておきたいポイントをご紹介していきます。

1.外壁塗装とは、家族の安心を守ること

まず、外壁塗装工事がなぜ必要なのかご説明します。
外壁は住宅を風雨や紫外線から守る役割を果たします。
「外壁塗装工事」とは、雨漏りや住宅の耐久性の低下を防ぐ為に、
外壁のひび割れや塗装の剥がれを補修し、新しく塗装し直すことです。
つまり、「外壁塗装工事」は、今のお住まいを安全に長持ちさせる為に行います。
この外壁塗装工事は、一般に10年に1度を目安として行います。

外壁の塗装をしています

ちなみに、「外壁塗装工事」と「外装リフォーム」は別物です。
それは外壁塗装工事は「外壁や屋根などに付帯する構造物を塗装する工事」を指し、
外壁リフォームは外壁リフォームは塗装のみではなく
「総合的な点検・補修(塗装・防水・板金など)」 を指しているからです。
ただ、多くの方は「外壁塗装工事」と「外壁リフォーム」を同じ工事だと考えています。
そのため、この記事では、「外壁塗装工事」「外壁リフォーム」を区別せず、
「外壁塗装工事」という言葉に統一して進めていきましょう。
さて、先ほど、外壁塗装工事は住居を傷みや劣化から守るために必要だとお伝えしました。
塗装という言葉を見ると、塗装しかしないのではと誤解する人がいますが、
外壁塗装工事では、ひび割れの補修や汚れの除去なども行います。
というのも、実は外壁の傷みの種類はひび割れや塗装の剥がれだけではありません。
特定の傷みや劣化に関しては それぞれに合った補修方法が用意されているらです
たとえば、塗装工事では、以下のような補修が行われています。

外壁塗装工事を考えている方には、次の2パターンが考えられます。

簡単に言えば、外壁塗装工事というのは、あくまでも、
外壁の傷みや劣化を総合的に解決して上げるための工事
外壁に劣化が見られない家屋の工事を行う必要はないんです。
(外壁に劣化がなく工事が必要でない住宅でも、診断を依頼すると工事を勧めてくる会社もあります。)
家を建てて10年未満だと言う人は、上記のような特定の傷みに特化した補修を行いましょう。
また、以前外壁を補修したけど、年月が経ちまた傷んできたという人も診断を受けておくとよいでしょう。

では、続いて、外壁塗装のタイミングはいつなのか?をお伝えします。  

2.外壁塗装のタイミングは10年に1回訪れる

外壁塗装のタイミングは、
一般的に10年に一度の頻度(※1)でメンテナンスが必要になる、 と言われています。
つまり、耐用年数が10年の塗料を使用する場合、
一般的な住宅の寿命は30年なので塗装のタイミングは3回訪れます。
※1あくまで各塗料メーカーが出している外壁用塗料の耐用年数に基づく目安です。

実は塗装のタイミングは住宅周辺の環境や気候、住宅の傷みの状況にもよる為、
必ずしも10年ごとというわけではありません。
しかし、定期的な外壁塗装の塗り替え時期はどの住宅にも訪れます。
その中でも特に、雨が多い地域や海や川が近い住宅は
築4~5年目で外壁塗装が必要になる事があるので注意が必要です。

小田佳奈小田佳奈

ええっ・・・外壁塗装って3回も必要なんですか・・・?
一度、塗り直しただけだと安心できないんですね・・・!


ハイボール竹本ハイボール竹本

そうなんです。つまり、家を建ててから10年ごとに
塗り直しを検討する必要があります。
例えば、築20年でこれから30年は住み続けたいと思っているなら、
あと3回塗り替えを行った方がいいってことですね。
ちなみに、外壁の傷みは突発的な自然災害でも起こります。
地震や豪雨被害に遭われた際には、その都度診断をして現状を把握し、
適切な補修をしておくことが大切です。

それでは、いつ外壁塗装を行うべきなのでしょうか?
1年のどのタイミングで行えばいいのか気になりますよね・・・
結論をいうと「外壁塗装はいつ行っても大丈夫!」です。
一般的に、春や秋に塗装を行う方が多いです。
なぜかと言うと、春や秋は一年の中で雨や雪が少なく気候が安定し、
塗料が乾きやすい為、梅雨や降雪の時期が来る前に塗装をしておこうと考える人が多いからです。
しかし、実際は1年中工事を行っている業者が大半で「外壁塗装はいつ行っても大丈夫!」です。
外壁塗装をいつ行えばいいか分かったところで、続けて、
外壁塗装工事を行う為にはどうすればいいかお伝えします。

3. 外壁塗装工事って何するの?金額は?工事の流れは?

外壁塗装の工事を行うには、リフォーム会社・工務店などの業者に工事を依頼する必要があります。
塗装業者の知識や技術レベルは業者によって差があるので、
確かな技術や知識を持った優良業者を選びましょう。
ちなみに、外壁塗装工事の一般的な戸建て(30~40坪)の平均相場は100万円前後です。
しかし、外壁塗装の金額は住宅の大きさや使用する塗料によっても変わってきます。
ここで大切なのは「全国の平均相場」ではなく、「自分の住居に近い事例」です。

「相場よりも高くて騙されているんじゃない・・・?」と
不安になる方がいらっしゃるかもしれませんが、安心して下さい。
工事前の見積りを確認することによって、どんな塗料が使われているのか、
どの工程で行われるか、イメージすることが出来ます。
イメージ出来ないとすれば、アフターサービスくらいです。
あくまでも、施工後の問題なので、
自分が「この会社なら任せてもいいな」と思える業者を選ぶようにして下さい。
とはいっても、実際に工事を行う職人さんの顔や雰囲気が気になる方は、
実際に工事を行っている現場に行ってみるといいでしょう。
ちなみに、一般的な塗装工事の流れは以下の通りです。

外壁の塗装工事の工程です

業者や会社によって、工事を行う人数や期間なども変わってきますので、
見積りの段階でしっかりと確認しておきましょう。
では、ここからは、大手のリフォーム会社と地域の工務店の違いを紹介していきます。

大手リフォーム会社

大手のリフォーム会社とは、テレビCM等の広告も行い、知名度のある有名な業者を指します。
大手のリフォーム会社のメリットは、

・アフターサービス(保証等)が整備されている
・トラブルへの対応力が高い
・手抜きが少ない などが挙げられます。

施工の経験が豊富な分、施工途中や施工後にトラブルが発生しても柔軟に対応してくれます。
一方デメリットは、

・下請け業者との契約が多い為、施工中に職人の入れ替わりが起こることがある
・営業マンと施工する職人との連絡が上手く取れておらず、契約内容とのずれが発生する
・中間マージンなどにより、見積り額が高額になることがある などが挙げられます。

この中でも、大きなデメリットとしては見積りが高額になることです。
その理由としては、下請け業者の施工による中間マージンや広告費などの金額が発生するからです。
つまり、大手のリフォーム会社は
「金額が高い分、いざという時の保証は安心できる」と言えます。

地元工務店

地元工務店とは、地域に密着した業者、タウンページなどに掲載されているような業者を指します。
地元工務店のメリットは、

・地域の気候に合った塗装
・大手と比べ低価格
・中間マージンはない などが挙げられます。

地域の施工経験が多い分、その土地の気候や環境によって変化する劣化の具合への対応力が高く、
地域の環境に最適な施工が可能です。

一方デメリットは、
・保証が短い場合がある
・知人の紹介だと断りづらい
・業者の差が大きい などが挙げられます。
その中でも、大きなデメリットは業者の差が大きいということです。
多くの工務店の中には、あまり良くない業者も存在します。
その為、他社との比較が欠かせませんが、
知人の紹介となるとその人とのお付き合い影響する為、
なかなか他社と比較しづらい、断りづらいという状況になります。
つまり、地元工務店は「業者の差が大きいが、地域に合わせた施工が出来る」と言えます。

小田佳奈小田佳奈

へ~!塗装業者にも種類があるんですね!
どの業者にしようか迷っちゃいます!
工事を受けてもらえない時期とかってあるんですか?


ハイボール竹本ハイボール竹本

そうですね。
年始年末や気候が安定している繁忙期だと受け付けてもらえない場合があるため、
事前に連絡して確認するのがおすすめです。

4. 失敗しない外壁塗装の会社選びのポイント3つ

「外壁塗装をしたくなったけど、どのリフォーム会社や業者に頼めばいいか、わからない。」
という方も多いのではないでしょうか?
外壁塗装を依頼する前に、外壁塗装をしてもらう会社・業者の選び方を知っておきましょう。
リフォーム会社・業者を選ぶには、以下の3つのポイントがあります。

01. 「外壁塗装」が得意な会社を選ぶ

ハイボール竹本ハイボール竹本

小田さん、あなたが中学生のころ得意だった科目は何ですか?


小田佳奈小田佳奈

私は「英語」が得意でした。


ハイボール竹本ハイボール竹本

では、あなたの友達も「英語」が得意でしたか?


小田佳奈小田佳奈

うーん、英語よりも国語や数学が得意な子が多かったですね。


ハイボール竹本ハイボール竹本

そうなんです。小田さんとお友達が得意な科目が違うように、
塗装会社ひとつとっても、塗装会社にはそれぞれ得意な場所が違います。

塗装業者を分類すると大きく4つに分類できます。

・屋根塗装のみ
・外壁塗装のみ
・屋根塗装と外壁塗装
・屋根塗装と外壁塗装とリフォーム

外壁のみなら外壁塗装を専門としている塗装業者に頼んだ方が安心です。
昔は、知り合いの紹介から目的に合った業者を選ぶこともできていました。
しかし、今はインターネットでの検索が主流となってきている為、 選択肢が多い分、
会社ごとの得意な分野が不透明になってきました。
実際は価格の安さやキャンペーンに気を取られ、 本来の目的を達成できない業者に頼む人が多くなってきています。
外壁塗装が目的でありながら屋根が得意な塗装業者に頼むと、
本当に外壁の塗装ができているか不安になりませんか?
つまり、塗装業者はそれぞれ得意・不得意な分野があることを理解し、
得意な分野とあなたの目的を合わせると失敗しない塗装ができる、ということなんです。

02. たくさんの人が依頼する「安心感」で選ぶ

ハイボール竹本ハイボール竹本

小田さんは、何か買うときに何を基準に選びますか?


小田佳奈小田佳奈

うーん・・・やっぱり金額ですかね。
安い方にどうしても目が行ってしまいます。


ハイボール竹本ハイボール竹本

では、金額が同じで有名な会社と
聞いたことない会社の製品の場合、何を基準に選びますか?


小田佳奈小田佳奈

えー、それはやっぱり有名な会社です。


ハイボール竹本ハイボール竹本

どうして、そう思いましたか?


小田佳奈小田佳奈

それは、多くの人が選んでいるから安心感がありますからね。
多くの方が塗装を依頼するリフォーム会社や業者は、やっぱり安心感が違います。


ハイボール竹本ハイボール竹本

そうなんです。
「安心感」も会社を選ぶポイントです。

「安心感」のある会社の特徴の一つに、「価格の透明性」があります。
当然、業者の中にも以下のような会社があります。

・適正な価格でちきんと工事をしてくれる会社
・相場よりも高い価格で工事を行う会社

ここでポイントなのは、
「高い費用で見積もりをする業者=悪徳業者ではない」ということです。
気を付けなければならないのは、相場よりも高く、その価格が不透明である場合です。
屋根や外壁の塗装工事は業界の中でも、
「手抜きされやすい」「価格が不鮮明」だと言われ、
さらに会社オリジナルの塗料を使用し価格も独自に設定している場合もあります。
見積もりをとって金額のみを比較しても、なかなか金額が一致することはありません。
相場の金額を判断の基準とし金額が変わるようであれば工事を依頼する前に、
担当者にしっかりと質問しておきましょう。

ハイボール竹本ハイボール竹本

今回は一般に外壁塗装でよく使用されている塗料も後半でご紹介しますよ!

 

03. 工事前の「調査の仕方」で選ぶ

小田佳奈小田佳奈

会社のHPをしっかり見て数社、選んでみました。
でも、この中からどの会社に依頼したらいいか分かりません・・・


ハイボール竹本ハイボール竹本

そういうときは、実際に現地を調査してもらいましょう!

HPやタウンページの情報だけじゃよく分からない・・・という方におすすめなのが、
工事前の現地調査の様子チェックです。
外壁の塗装を正しくしっかりと工事するためには、
事前に建物の劣化状況をしっかりと調査する必要があります。
インターネットやチラシの情報から、
「この会社も当然しっかりと工事してくれる」と 思っている方も多いかもしれません。
しかし、その調査は工事を安心して任せられる調査内容でしょうか。
業者によっては、
「外壁の状態の確認は、見積もりを持ってきたときにさらっと行う」などの調査を行う場合もあります。
また、調査をしっかりとしているようで、
実は診断を行うのは新人の営業マンやあまり経験のない職人だけ、ということもあります。
医師と同じように専門知識や資格が無ければ、確実な調査ができるとは限りません。

小田佳奈小田佳奈

そういえば、この間友人が、地元の工務店にリフォームを依頼した時、
現地を調査した後、 友人が「ここをこうしたい」と言うと、親身になって聞いてくれて、
その都度色のサンプルやカタログを持ってきてくれたそうです。


ハイボール竹本ハイボール竹本

担当者がこちらの要望を親身になって聞いてくれるだけでも、
安心感が違いますよね。 ああ、この会社なら大丈夫だなって気持ちよく工事を依頼できます。

5. ぜひ知っておきたいおススメの塗料一覧

それではここからは現在使用されている主な塗料の特徴と 各塗料のおすすめ商品を紹介していきますね。
たくさんの塗料を紹介しますので、 自分のお住まいの条件に合わせて情報をチェックしてください。

代表的な塗料5つのポイント

ここでは、外壁塗装工事に使用される主な塗料についてご紹介します。
まずは、塗料の「等級」から見ていきましょう。

塗料の等級(グレード)

 

等級が高い順に フッ素塗料>シリコン塗料>ウレタン塗料>アクリル塗料 となります。

小田佳奈小田佳奈

塗料によって、価格や耐久年数が違うんですね。
色々あると迷ってしまいます。


ハイボール竹本ハイボール竹本

そうですね。 価格を重視するのであれば、
ウレタン塗装かシリコン塗料 耐久性を重視するのであればフッ素塗料がおすすめです。

アクリル塗料は、価格が安く、ホームセンターなどでも販売されています。
DIYで使用することが出来ますが、耐久性が低く、専門業者はほとんど使用しません。

1液型塗料・2液型塗料

小田佳奈小田佳奈

この塗料の書かれている「1液」とか「2液」とは何ですか?


ハイボール竹本ハイボール竹本

1液型と2液型の違いは、
「1つの液体だけで塗料として使えるか、使えないか」です。
1液型は1の液で使用できる、2液型は2つの異なる液体を組み合わせて使用する、と覚えておきましょう。

 

小田佳奈小田佳奈

どちらを使うのがいいんですか?


ハイボール竹本ハイボール竹本

耐久性を重視するのであれば2液型、
価格を重視するのであれば1液型を選ぶといいでしょう。
2液型は、主な塗料と硬化剤の比率によって塗料が持つ効果が左右されます。
どちらかといえば、プロ向けと言えるでしょうね。

艶有り塗料・艶消し塗料

小田佳奈小田佳奈

あれ、この塗料の特徴に「艶有」って書かれています。
この艶って何ですか?


ハイボール竹本ハイボール竹本

それは、塗料の「光沢」です。
一般的に使用されている塗料は「艶有り」塗料を示していることが多く、
艶消し剤を混ぜ、光沢を調整しています。


小田佳奈小田佳奈

艶消し塗料を用いた家だと、落ち着いたイメージになりますね。
光沢が高い順番とかってあるんですか?


ハイボール竹本ハイボール竹本

もちろん、ありますよ。
光沢度が低い順に、 艶消し<3分艶<5分艶<7分艶<艶有り の5段階となっています。

小田佳奈小田佳奈

どの光沢度がいいでしょうか?


ハイボール竹本ハイボール竹本

それは、ご自宅のデザインにもよりますね。
ただ、艶消しを混ぜると塗料自体の性能が低下することもある為、
拘りが無ければ「艶有り」が無難かもしれませんね。

エナメル塗料・クリアー塗料

小田佳奈小田佳奈

見積書に書いてある「クリアー塗料」って何ですか?


ハイボール竹本ハイボール竹本

それは、塗料自体に色が着いているか、着いていないかの違いです。

ハイボール竹本ハイボール竹本

顔料を入れるエナメル塗料の方が、
着色効果のみではなく遮熱性や防錆力などの効果も付けることが出来ます。
また、有色の為、元の外壁の色を隠したいときなどにも便利です。
どちらがいいかは、今の外壁が気に入っているかで選んでもいいでしょう。

水性塗料・油性塗料

小田佳奈小田佳奈

塗料にも、ボールペンの様に水性、油性ってあるんですね。


ハイボール竹本ハイボール竹本

そうですね。 水を使って塗膜の主要素を溶かすものを水性塗料、
シンナーなどを使って塗膜の主要素を溶かすものを油性塗料と呼んでいます。

小田佳奈小田佳奈

シンナーってあの、臭いがキツイ液体ですよね?


ハイボール竹本ハイボール竹本

そうです。シンナーを使用する油性塗料は
塗装作業中にあの刺激臭がする為、 気になる人は要注意です。
しかし、水性塗料に比べ油性塗料の方が耐久性は高くなりますから
どちらを優先するかにもよりますね。
ただ、最近は水性塗料でも耐久性の高いものも出てきています。
違いを理解し、あなたの住宅にあった塗料を選ぶようにしましょう。

 

みんなが選んでいる「安心感」で選びたい塗料

なによりもまず、外壁塗装に使う塗料はいい製品を使いたい!という人向けに、
現在使用されてる人気の高い塗料を集めました。
安心感や性能を重視されて売る方は、以下の塗料のなかから選ぶといいでしょう。

塗装にオススメの塗料 4選

【下塗り材】

●アレスダイナミックフィラー 

アレスダイナミックフィラーとは
強化剤を加える事で本来、工事が中止される様な雨が上がった後や
夜露・朝露が付着した表面でも施工が可能であり、
天候不良による工期のズレを抑える事が出来ます。
また、付着力が高く吸い込みが少ない為、仕上がりが一層良くなります。

製品URL:https://www.sk-kaken.co.jp/product/undercoating-materials/miracsealer-eco-w/

【中塗り・上塗り】

●アレスダイナミックTOP

アレスダイナミックTOPは外装・外壁塗料で
水性反応硬化形ハルスハイリッチシリコン樹脂塗料です。
日々、降り注いでいる紫外線が塗料の主成分のひとつである「酸化チタン」に当たる事で
「ラジカル」という物質が発生し、劣化を促進させます。
アレスダイナミックTOPは、「高性能シリコンレジン」「UVトラップ」
「ラジカルバリヤコート」「HALSラジカルキャッチャー」の4つの技術で
ラジカルの発生を抑える事が出来ます。
また、従来のシリコン塗料では10年に1度の塗り替えが必要であったのに対し
アレスダイナミックTOPでは15年に1度と耐久性に優れ、トータルコストの低減に繋がります。

製品URL:https://www.kansai.co.jp/alesdynamic/top/index.html

●アレスダイナミックルーフ

アレスダイナミックルーフは、屋根用の弱溶剤形2液ハルスハイリッチシリコン樹脂塗料です。
屋根は外壁・外装と比較して、紫外線や太陽光の影響を直接受けます。
アレスダイナミックTOPと同じ4つの技術によって劣化要因「ラジカル」の発生を抑制し、
屋根の素材を長期にわたって保護します。
また、含まれているセラミック成分が塗膜の表面を親水化する事で
屋根に付着した汚れの下を雨水が流れ、雨水と一緒に汚れが落ちるセルフクリーニング効果があります。
更に、「高性能シリコンレジン」が配合されている為、光沢が優れており、綺麗な艶を長期間維持します。

製品URL:https://www.kansai.co.jp/alesdynamic/roof/index.html

●アレスダイナミックMUKI

アレスダイナミックMUKIは、水性超耐候性・超低汚染ハルスハイリッチ無機有機ハイブリッド塗料です。
「無機」と「有機」それぞれの長所をハイブリッド技術によって発揮させ
従来、最高位グレードと言われていた「ふっ素樹脂塗料」よりも耐久性に優れた塗料です。
また、劣化要因である「ラジカル」の抑制効果もあります。
飛散が少ない為、密集住宅地にある住宅や都市型高層住宅でも、安心して施工できます。

製品URL:https://www.kansai.co.jp/sites/default/files/products/decorative/catalog/pdf/820.pdf

6. 最後に

ハイボール竹本ハイボール竹本

いかがでしたか?


小田佳奈小田佳奈

とても参考になりました。
これから、家族でカタログを見ながら話し合いたいと思います。


ハイボール竹本ハイボール竹本

あなたや家族が満足できる会社や塗料を選んでくださいね。
もし、何か分からないことがあったら、 正光技建のお問い合わせページから気軽に質問してください。
あなたに合った外壁の塗装が出来ますように。